« 「日本奥地紀行」「イトウの恋」 | Main | 合唱劇「カネト」 »

フランス人女性との会話で

フランス人の女性に、昨日3人の死刑が執行されたんですって?
と訊かれた。

新聞読んでいて良かった。
昨日執行されたみたいです。
EU加盟国は、死刑をしないことが条件で加盟している国々だ、ということは読んだことがある。
なんだか、野蛮人だ、未開人だといわれているような気がしてしまう。
彼女は、3人の罪状についてもご存じだった。

人が人を裁く権利があるだろうか

犯罪被害者遺族が、加害者を死刑にしてほしいと願う。
しかし、加害者が死刑を宣告されたら被害者の遺族は満足するのだろうか。
先日の犯行当時19歳の少年が死刑を宣告された時、
被害者遺族の本村さんは
死刑を宣告されなければ無念の境地だったかもしれないが
死刑が確定して、とても複雑な心持だったと思われるコメントだったと記憶している。

法律があるから、法律に従って
実際に死刑執行を命じる大臣、
そして実際に手を下すことになる公務員

犯罪を犯すことになった当事者は、社会的弱者だと思う。
秋葉原でおおぜい殺してしまった彼も、社会的弱者だと思う。

だから斟酌しろというのではないが、
私は弱い者いじめはしたくない。

|

« 「日本奥地紀行」「イトウの恋」 | Main | 合唱劇「カネト」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フランス人女性との会話で:

« 「日本奥地紀行」「イトウの恋」 | Main | 合唱劇「カネト」 »