映画 「ひまわり」

ひまわりの映画観ました。
沖縄のこと、
本土では、他人事のようにとらえられている感じ。
1959年6月の墜落事故
2004年の沖縄国際大学のヘリ墜落事故
酔っ払いの海兵隊に殴られて、追いかけるけれど、基地に逃げてしまって、警察は及び腰、
「米軍基地って、水道光熱費も家賃もぜんぶ、日本政府もちなんだよね」
それで治外法権で、

アメリカ軍にいてもらっている?
なんのためでしょう?

今朝の東京新聞に、現政権が
集団的自衛権の行使とかで、アメリカがミサイル攻撃をうけたら日本も攻撃をする?
みたいなことが書かれていたけど、
アメリカにミサイル攻撃をする国って、どこのことでしょう?
どの国から攻撃されても、ってことでしょうか?

今朝の東京新聞に、高市早苗政調会長がNHKの番組で過去の戦争に関して
「国策の誤り」とした村山富市首相談話について、
「当時、資源封鎖され、抵抗せずに日本が植民地となる道を選ぶのがベストだったのか」と指摘した。
同時に「植民地支配をうけた国の民族の誇りを傷つけ、大変な苦難、被害を与えたのは確かだ」とも述べた。

と書かれている。

つまり、戦争を始めたことをやむをえないことだった?と言いたい?誤りではなかった、と言いたいのだろうか?

過去の戦争から得たものが
日本国憲法で、
いかなる場合でも武力で解決をしないことこそが、世界から称賛される平和国家の建設なのだ。
後戻りはいけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レミゼラブル観ました

レミゼラブル観ました。
あらすじは、小学校の時に読んだ「ああ無情」の記憶だったのですが、
フランス革命との関連は全く記憶になかったです。
囚人暮らしも悲惨だったけれど、フォンティーヌが髪を切られ、歯を抜かれ、身体を売るという貧困の悲惨さ
コゼットが預けられた安宿も、
6月革命の血なまぐさも、
何もかもとても悲惨でした。
手に汗握るところたくさん、
子どものころに読んだ時もジャベールの執拗さがとても憎かったのを想い出しました。
ジャベールの境遇ゆえの生き方だったんだ、と思う。
ジャンバルジャンが、ジャベールを殺さないで逃がした、がために
ジャベールは生きがいをなくしてしまったんだねえ。憎くなくなってしまった!!
マリウス役の俳優、どこかで観たことのある人だねえ、

I watched Les Misérables musical movie today.
Many miserable scenes; as prisoner, people in poverty, university students uprising.
Jean Valjean is very strong, sincere, and sad man.
Jean Valjean did not shoot Javert when he could have done.
This incident moved, and changed Javert. Javert lost his motivation in life.

Death penalty is not abolished in Japan. It is sad. Death penalty does not solve anything. The people who are sentenced death penalty are, very poor and sad people.

This might be different story.
Well, it was very good movie, and made me cry.


| | Comments (10) | TrackBack (0)

反原発抗議&デモ体験と、「ドコニモイケナイ」観賞

東京新聞に出ていた映画監督の作品ということで、
ドコニモイケナイを観た。

2000年ころに渋谷界隈で路上ライブをしていた当時19歳の女性
彼女は九州からヒッチハイクで上京したのだとか。
当時は、facebookもなかったし、
渋谷界隈での出会い、がとても意味を持っていた、みたいな。
それにしても、彼女たちのあまりにフランクな生活ぶりにあっけにとられる。
そしてその後10年経って、このフィルムを撮っていた映画学校生が
このフィルムを映画として完成するために
九州に帰省した彼女を追う
統合失調症とつきあいつつ、生きている彼女
とても魅力的な女性でもあったけれど、
なんだか妙な後味の映画でした。

この映画は、ユーロスペースのレイトショーだったので、
6時から8時まで、首相官邸前と国会議事堂前で毎週行われているという、

反原発抗議&デモを初体験してみた。
国会議事堂前でしばらく留まってから、首相官邸まで歩いて移動したが、
移動していく道すがらでも、いろいろな人が自己表現していた。
外国人の多い集団で、ペットボトルとろうそくの灯りを並べている人たちもいた。
自転車に、たくさんの灯りやら旗を立てて回っている皆さんもいた。
8時になると自然解散。
とてもお行儀のよい集まりのように思う。おとなしいけど、熱い!
若者も多かったが、中高年の男女が多かった気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

観ました「死刑弁護人」

死刑弁護人観てきました。

人権弁護士っていうのだろうか。
断罪して、死刑に処すのではなく、生きて詫びていく道
本当の反省と贖罪とはなんだろう。

安田弁護士は、「悪魔の弁護人」と呼ばれようとも、依頼人を背負い続ける。

「新宿西口バス放火事件」の犯人は、獄中で首つり自殺をした、という。
彼は自分の出自を苦にしていた、自暴自棄の犯罪の犠牲者に心底詫びていたという。

「和歌山毒カレー事件」の林真須美被告の容疑は、
容疑の証拠の現れ方にいくつかの疑問がある、という。
誰かに、犯人にさせられた、のかもしれない。
マスコミ報道を鵜呑みにして、被疑者へのバッシングを繰り返す傾向って確かにある、と思う。
群集心理って恐い。

安田弁護士は
「光市母子殺害事件」の元少年
「名古屋女子大生誘拐事件」
麻原彰晃
等の弁護をしている。
そして安田弁護士自身も逮捕されて有罪となったこともある。

ポレポレ東中野の映画館には、
死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90実行委員会のチラシが置いてあった。
国連では1991年7月11日に「死刑廃止国際条約」が発効した。
韓国では10年以上死刑を執行してないそうだ。
カンボジア、東チモールでは、戦乱から和平に向けて、死刑制度を廃止した。
日本では、1993年3人の死刑執行(1989年11月10日以降初めて)
その後、2~3カ月に1回のペースで2009年7月28日までに35人の死刑執行、
2010年7月28日2人、そして2012年3月30日に3人の死刑執行をしました。
現在死刑確定囚は131人いるということです。

死刑の執行は、死刑執行命令を下す法務大臣、
そして、死刑を執行する公務員によってされることになるのだと想像されます。
当然ながら被害者の手によって執行されるわけではありません。
なんだか大変なことだと思うのです。

ひとついえることは、死刑になる人は、個人で犯した罪が多い。
それも、貧困から、とか、派遣切りされることになって、とか、出自を気にして、とかで自暴自棄になって、とか。

正規職員と、非正規職員の格差はますます広がって、
非正規職員の割合は、つまり、貧困はどんどん増えているのだと思う。


だけど、派遣切りの法律を作った人とか、
派遣切りをする人たちが死刑になることはない。

原発は安全です。といって原発を推進してきた人たちが死刑になることはない。

日本は、日本の戦争責任についても、追求したことはない。
東京裁判で死刑になった人はいるけれど、あれは日本の法廷ではなかった。

基本的人権と、平和主義と、主権在民の三本柱の日本国憲法があることで、かろうじて反省と贖罪の体面を保つことができるのだと思う。日本国憲法のの前文第②段落は誇りだ。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

あの戦争はなんだったのか、という反省と贖罪に真摯に向き合っている
草の根の団体があるけれど、大事なことだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「一枚のハガキ」新藤監督遺作

一枚のハガキ観てきました。

たんたんと、兵隊さんが死んでしまって、
たんたんと、出征していって、
たんたんと、英霊になってしまって、
たんたんと、英霊になった夫の弟と夫婦になって、
その夫も英霊になってしまって、
いやはや、たんたんと、力強く生きていくのです。
大竹しのぶほか、豊悦、大杉連、柄本明、倍賞美津子、まいったまいった

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画 アーティスト 観ました

今日は水曜日、映画は女性は1000円で観られる日、
アーティスト観てきました。

なんだかアンティークな感じなカップルだったけれど、
その時代の感じがでるように、努力してた、

泣けました。

ジャン・デュダルジャンの笑顔がとてもチャーミングでした。1972年生まれっていうことは40歳なんだねえ、
犬が可愛かった。
どんどん落ちぶれるジョージ・ヴァレンティン、
せつなかったけれど、ハッピーエンドが良かった、

見ざる聞かざる言わざるの三猿が印象的です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

塩屋俊さんの、種まく旅人、観ました

種まく旅人
最終日に観てきました。
塩屋俊さんの監督です。

陣内孝則が農水省の役人さんという設定だけど、なんだかいい役まわりだったかな。

一人でなんとかできる最大限のお茶畑ということだったけれど、
ばかに広い畑だった感じ。
有機農業で、病気が発生した時だって、あれで解決してしまうところが、お話っぽい感じ、かな。

若い女性がいきなり農業をはじめる、という設定には応援したい感じしました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ほかいびと 伊那の井月

ほかいびと 伊那の井月

幕末から明治初期の俳人に焦点をあてて、人物像を探る映画、だろうか。
長岡の武士の出だということだが、
伊那谷に、30代のころにやってきて60代で亡くなるまで貧乏でアル中の俳人として生きた。

イザベラバードが日本の風俗についての記録を残した時代と重なるが、
そのころの日本は、着るものも食べることも、住まうことも、本当にわずかでやっていける世の中だったのだと思う。
だから、アル中で、それでも俳句の先生ということで、生きていけたのかな、

井上井月の生きた時代、図書館で本を借りてみよう

あんたがたどこさ、肥後さ
肥後どこさ、熊本さ、
熊本どこさ、仙波さ
という手まり唄は、戊辰戦争の、官軍の様子を歌ったものだったのですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マーガレット・サッチャー 

今話題のマーガレット・サッチャー観てきました。
毎月20日は映画の日とかで、誰でも映画が1000円で観られるということです。
鉄の女マーガレッ・トサッチャー
彼女はまだ存命中だ。
1979年に当選してから、ベルリンの壁が落ちるまで、
鉄の意思で、イギリスの財政の健全化に取り組んだ女性首相。
首相として、妻として、母として、
首相の座から降りてからすでに20年だ。

エンディングノートを先週観た。
ガンが見つかったらすでに第4ステージで、それから半年で、
頭もまだしっかりしたまま、静かに逝ってしまう主人公。
二女が映画の勉強を始めて、
父上のビデオを撮りためたものを普遍的なテーマに凝縮して映画にしたって感じ?
主人公は某化学会社の役員を経て退職、
とても美人の妻、良くできた長女長男、孫も授かる。
絵になる家族って感じでした。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

お菓子放浪記

このごろ「お菓子放浪記」という映画の子役がナントカ賞を受賞したという報道があった。
 
映画を観に行こうかとも思ったが、
図書館の蔵書検索でヒットしたのでリクエストしたら、順番がまわってきた。

著者の西村滋さんの自伝的小説であるらしい。

みなしごということで、孤児院、感化院に預けられ、
過酷な環境の中だけれど、お菓子、というロマンを抱き続けることでまっすぐに育っていく。

とても読みやすい、良い本だと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)